夢は恋人? 〜10月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2020.09.02 Wednesday
  • 23:43


ここしばらくの間、夢を思いだしていないなぁ(即ち夢のメモが無いなぁ)と感じて、夢日記を辿ってみた。
数えてみると、夢を記してないのはたった五日間ではないか。そんなに長くないのに、やたら夢に会ってないような気がして。(これって、好きな人に会ってないなぁというのに似てる!と、笑ってしまった。夢は私の恋人か?)


冗談はさておき、この五日間を振り返ると、夢のメモもなく、起床時には何も思いだせないが、何となく夢の名残りが漂っていたことに気づく。
覚醒時の一瞬、登場人物や背景のぼんやりしたイメージ、展開の雰囲気、漠然とした色合いなど。
直ぐに急速に日常思考が流れ込み、記憶の走馬灯がそれに並走し、名残りは上書きされて消える。が、無意識と意識は完全に切り離されたものではない。
だからそこには夢が残した微かな息遣いが揺れている。
夢そのものではなくても、その思考や記憶にも今私に必要なメッセージが刷り込まれているはず、と思い当たった。


そう言えば、以前はよく、眠りの前後や合間に、すっかり忘れてしまっていた「やるべき事」が浮かんで来たことがあった。
現役の頃は、山のような「やるべき事」に囲まれ、あちこちにメモを貼っても何してもボロボロと落ちていく事柄がいっぱいあった。
そのなかでも特に重要な事や期限が今日明日に迫っている事など、眠りの隙間をぬってヒョッと意識に上ってくるのだ。
これもその時にメモを残さないとまた消えてしまうので、ベッド横の夢用メモ紙に書きつけていた。


最近は、「やるべき事」自体が減ったので、そんな事は稀に、本当に稀になった。
その代わり、眠りの前後や合間に、過去の出来事が目の前を流れて行ったり、急にある考えが浮かんで来たりする。
焦って摑まえるほどの事でもないと思い、「やるべき事」と違って大半はメモなどしなかった。だから朝にはすっかり忘れてしまった事の方が多い。


でも、それらは夢同様「今の私」に必要な「何か」で、「今の私」だから受け入れることのできる「何か」なのだろう。
過去の記憶は、触れたくないシャドウや再現したい心踊るシーンであったりするが、どちらもあの時の「私」に刻まれた消すことのできない時間で、それがあったから「今の私」がいる。それらが異なっていたら「今の私」はいない。
心地良い記憶も胸痛む記憶も「私」自身であり、「今の私」というモザイク画を形成する一片なのだ。

確かにみたはずの夢は覚えていなくても、自分全体に漂う微細な残り香。「私」から「私」へのメッセージ。
「今の私」を再確認し、「今の私」を深めるための伝言。ありがたい。
大好きな人には会えなくても、大好きな人は存在していて、その気に包まれ共に在る幸せ、みたいなものかもしれない。

 

追記:上記を書いた次の日の朝、夢のメモが!その次の日もその次の日も!!そう、夢は応えてくれる、信じて信頼することができれば、夢は応えてくれる。(大切な恋人を信じることができるなら)

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:

 

*9月は実施いたしません
10/11(日)

12:30〜17:00

奥沢地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)


*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。
☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから
 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    ARTemis (10/07)
  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    彩佳 (09/30)
  • NPO法人「にじの絵のぐ」発足記念ワークショップご案内
    ARTemis (09/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM