「他者」が出てくる夢 〜7月、8月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2020.07.05 Sunday
  • 20:00

 

以前、客体水準(他者と自分の現実的関係性)と主体水準(自分の中の他者が表す特性)という言葉で、近しい人が出てくる夢の説明をしたことがあるが、どちらの場合も他者に対して自分が持っているイメージという観点は拭いされない。

私達は、自分を通してしか何ものも観ることができないからだ。


最近、またある人の夢をみた。知人だが凄く近しいもしくは強い思い入れのある人では無い。

この人は定期的にではないが、割とよく出てくる。Uさんとしよう。

Uさんは私の中でインパクトのある存在では無かったのに、知りあって早い段階から時たま夢に出て来るようになった。


この夢の中では、Uさんの家と称する家を数人で訪問している。

古い大きな日本家屋。初め通された部屋は窓の無い暗い和室。そこで皆で何か話してから、部屋を変える。

洋風の応接室風、天井が高く古い応接セットが置いてある。

窓際のデスクにPCがあったような。

 

Uさんが「さて、クイズです。仏壇が在ったのはどの部屋でしょうか?」と、愉しげに問いかける。

すでにたくさんの部屋を見たような感じで、皆思い出そうとしている。

マジンガーゼットのオモチャが暗い中に転がっている部屋もあったようなイメージもある。

私か他の人か分からないが「初めの部屋!」と答える。暗い和室の奥に押入れと並んで仏壇が浮かんで来る。


こうやって文章にすると時間に流れがあるように思えるが、夢の中ではきっと流れに沿ったストリーは無かっただろう。

メモにはもう一つ「PCと写真、場所」の夢が書かれているが、これも上記の夢と一緒にみたようだ。


部屋が繋がって次々と拡がっていく夢は、夢の世界そのものを表していることが多い。

多重で無時間。その中をUさんが案内している。

Uさん自体を私はどういう人だとイメージしているか?実際のUさんではなく、私がこういう人だと思っているUさん。

理論的で現実的で意識の思考で理解したがる傾向のある人。

そのUさんが夢の世界を案内している。曖昧で垂直的流れの無い世界。

そして、仏壇。死者の世界。絶対にリアルには遭遇し得ない世界の象徴。

現実的で理論重視の思考と、ただただ拡がり続け捉えることのできない夢と彼岸の感覚。

Uさんの中には、いや私の中には、それらを違和感なく融合して自分のものにしていく能力が存在しているのだろうか。

夢の中では無理なく楽しく穏やかに共存しているかのよう...


ここまで来て、ギブアップ。曖昧な確信を現実の理解に落とし込むことの困難さ。

言葉にすることの限度。もう頭のヒューズが切れそうだ。
そうか、私の中のUさんはこの作業を綿々とそして淡々と続けているのか... 続けることを求めているのか...

夢の中の他者と出会う時、様々な自分に出会うことができる。


(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ
日時:
8/2(日)

12:30〜17:00  奥沢地区会館第大会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)
*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

 

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

 

☆その他のお問い合わせはこちらから

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    ARTemis (10/07)
  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    彩佳 (09/30)
  • NPO法人「にじの絵のぐ」発足記念ワークショップご案内
    ARTemis (09/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM