見えないもの・分からないもの 〜5月・6月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2020.04.08 Wednesday
  • 23:40

 

暗い中でよく分からぬ怖いものに追われて逃げる夢は、ユニバーサルドリームで、誰でもどこでもみる夢のひとつ。

 

昔、ある村の子どもが、怖いものに追いかけられる夢をみて恐怖で目覚めることが続いた。
親が子どもを連れて長老に相談すると、長老は子どもに向かいこう答えた。

「今度その夢をみたら、振り向いて追ってくるものをよく見てごらん、勇気を出して。」

 

上記の小話は夢の世界では有名なお話。

ここから、夢分析も夢のワークも始まったと言っても過言ではない。

 

私たちの中の様々な怖れ。視覚の効かない闇に囲まれ、その中に蠢くものが判別できない状態は、私たちをパニックに陥れる。
見ることができ、既に知っているものであればそれに合わせて対応できるし、知らないものはそれを知る努力で新たな対処方法を得るだろう。

 

そうやって、我らの祖先は、火を手に入れ、闇の中の恐怖を少しずつ解消してきたのだ。
今や現代人は、不夜城の世界を作り、夜の闇は殆ど斥けた。心の闇までは、難しいけれど。

だが、明るくても見えないものがある。心の中や我らの視力では捕らえられないものなど。
先人達は更に努力を重ね、見る方法や技術を生み出して、次々と対応する術を手にして来た。

 

人の歴史は、見えないもの・分からないものとの格闘・共存の歴史だ。
それは、これから先どれ程に技術が発達し文明化されて行っても、終わることは難しいだろう。

今もこれから先も、夢の長老が言ったように、勇気を出して振り向いて向き合わねばならない。

 

心の闇の対応も勇気を出して取り組めば生き方の豊かさが増えるように、この世界の見えないもの・分からないものと
も、勇気を出して真摯に一刻一刻向き合えば、そこには人の在り方の新しい要素が秘められているに違いない。
それを手にすることは誰にでも与えられている可能性だ。
(文:依浮)

 

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

 

日時・会場:

 

*4月は実施いたしません


5/31(日) 12:30〜17:00

 奥沢地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏駅下車3分)


6/21(日)12:30〜17:00

 奥沢地区会館大会議室(東急大井町線九品仏駅下車3分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。

 

対象:どなたでも参加できます。

 

ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

 

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

 

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    ARTemis (10/07)
  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    彩佳 (09/30)
  • NPO法人「にじの絵のぐ」発足記念ワークショップご案内
    ARTemis (09/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM