yesの上にyesを載せて 〜6月〜8月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2019.06.18 Tuesday
  • 08:00

 

 

 

即興劇の興味深いところは、何と言っても、始めたら取り返しが効かないこと。

台本があるわけではないので、言葉や動きなども方向性も、何が出るか何処へ行くか、始まる前はその場にいる誰もが分からない。

唯一、全員が共通のものとして持つのは、ドリームシアターでは語られた夢見者の夢である。それも、夢見者が全身全感覚で味わった夢を、言語で括って(実際のシアターでは描画がそれを補っているが)伝えたものだから、何とまあ曖昧で掴み所がないものなのか。でも、それのみが全員を繋げている。

 

始まれば、他のアクターが表現したものの上に自分の表現を載せていく。そしてまた自分の表現の上に他のアクターが表現を載せていくことで、即興劇は成り立つ。

 

一人のアクターが提示した表現の場に反応して、瞬間的に他のアクターが瞬間的に次の場を創る。自分が受け取った夢見者の夢の感じと他のアクターの受け取り方は違うかもしれない。そこで違和感が起きるかもしれない。でも、それに対して「ちょっと待って」と劇を止める事はできない。違和感は違和感として内包しつつ、提示された表現の上に自らの表現を載せる。yesの上にyesを載せて行く。

流れて行ったものは取り返せない。場に出された表現は消すことができない。訂正することはできないのだ。既に他のアクターが、そして場そのものが表現を受け取ってしまっているから。

 

うーん、これって、人生そのものではないか。日々の過ぎ去っていく時間も場も、絶対に戻すことはできない。私たちは、常に即興劇をしているようなもの。瞬間瞬間、此処に生きている自分が次の時間と場を創り出し、その流れは決して決して後戻りができないのだ。

 

シアターは、人生の在り方の一部を、凝縮して見せてくれる。yesにyesを載せていった先に、新たなものが生まれでる不思議さと感動。だからきっと興味深いのだろう。

それを共に創り上げる仲間がいることに感謝します。

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:

‬‪6/23(日)

12:30〜17:00

奥沢地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車3分)‬


‪7/7(日)

12:30〜17:00

 奥沢地区会館大会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


‬‪8/25(日)

12:30〜17:00

九品仏地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車2分)

 

参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

 

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

 

☆お申し込みはこちらからどうぞ!


☆その他のお問い合わせはこちらから

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    ARTemis (10/07)
  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    彩佳 (09/30)
  • NPO法人「にじの絵のぐ」発足記念ワークショップご案内
    ARTemis (09/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM