気づきの宝庫 〜5月、6月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2019.04.23 Tuesday
  • 19:48

 



夢は複雑で、構造的には多重であり、その意味においては多義的である。即ち、一つの夢には多くの意味が重なって含まれている。だから、教科書通りの分かり易いシンプルな様式に見える時もあるし、抽象画のように何を言ってるのかサッパリ分からない時もあるのだ。

目覚めて、夢を思い出す時、当然ことながら自我的・言語的思考の文脈に合わせなければ、夢を掴む事は難しい。時間も空間も物事のあり方も、起きている自分の枠組みで捉え記憶する。分かり易い夢は、この言語的思考に合わせ易く、しかもその時点で自我的に受け入れ可能なもの。サッパリ分からない夢は、この文脈では切り取り難く、自我の抵抗に阻まれるもの。

どちらの夢も、たくさんの気づきの宝庫なので、私は良く夢日記を見返す。思い出した時には納得した夢にも、また疑問符だらけだった夢にも、見返した時点での新たな気づきのきっかけがたくさん残されている。

だからこそ、ドリームシアターでも、振り返りの時間が大切なのだ。そこには、夢見者、演者、その場の全ての人に、気づきのための雨が降り注いでいる。夢をみた「時」、日記に書いた「時」、シアターで演じた「時」など、複数の「時」の膨らみが大きな一枚の絵になって、気づきのヒントが点滅し始める。どのヒントを手にするかは、各人違うだろう。だが、それはその時点で、その人に必要であり、そのグループに必要であり、もっと大きくその社会全体に必要なものなのかもしれない。

日常生活で見落とされた気づきのギフトを、あなたもドリームシアターで受け取ってみませんか?

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
5/19(日)

12:30〜17:00

奥沢地区会館大会議室(東急大井町線九品仏下車2分)


6/23(日)

12:30〜17:00

奥沢仏地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車2分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。

 

対象:どなたでも参加できます。

 

ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

☆お申し込みはこちらからどうぞ!


☆その他のお問い合わせはこちらから
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    ARTemis (10/07)
  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    彩佳 (09/30)
  • NPO法人「にじの絵のぐ」発足記念ワークショップご案内
    ARTemis (09/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM