逃げる夢 〜4月、5月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2019.03.23 Saturday
  • 01:13

 

 

逃げる夢は、ユニバーサルな夢の一つに数えられる。逃げる夢をみたことがないという人は、まずいないだろう。

記憶にないということはあってもだ。私も以前は年がら年中、夢の中で逃げていた気がする。最近は頻度が落ちているが、それでもこの半年間で11個の夢で逃げていた。

 

確かに現実は、逃げたい事や物で溢れている。面倒でやりたくない考えたくない事や嫌な思いを伴う事象は、人生ではいつも複数あって、何とかそれらから逃れられないものか画策している自分がいる。

同時に、思考や想定など許さない大きな危険と恐怖に襲われて逃げる可能性も多々あるのだ。

 

「逃げる」は常に「追う」と対を成している。即ち逃亡者がいれば追手がいるということ。夢を主体水準でみれば、逃亡者も追手も自分自身。自分で自分を追い込み逃げているということになる。

客体水準でみると、追手は、社会的日常的な心理的圧迫感であったり、現実の事件・事故・災害などのニュースがもたらす恐怖だったりもする。それら実際の恐怖の事象から逃れた人は、その後幾たびも夢の中で逃げるだろう。

夢には、浄化作用があるといわれてるが、それがわかっていても、逃げる夢は苦しい。誰かと分かち合って支えて欲しい。この夢を何とかして欲しい。

 

先日のシアターに、「しがみつくナマケモノから逃げる夢」がありました。ステージは逃げきれずに終わりましたが、そこには、諦めだけでなく、自分であるナマケモノの受容が示唆されていたのです。

即ち、「逃げる」は「追手の受容」につながるのですが、この転換は一人ではなかなか難しい。シアターでは、孤独な葛藤を皆で共有することで、無理のない体感的な納得が生みだされます。

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
4/7 (日)

12:30〜17:00

 九品仏地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏駅下車1分)

 

5/19(日)

12:30〜17:00

 奥沢地区会館大会議室(東急大井町線九品仏下車2分)

 

参加費:3,000円(1回)

 

内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。
対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

 

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

 

☆その他のお問い合わせはこちらから

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    ARTemis (10/07)
  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    彩佳 (09/30)
  • NPO法人「にじの絵のぐ」発足記念ワークショップご案内
    ARTemis (09/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM