「永遠の少年」〜4月、5月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2018.04.01 Sunday
  • 23:16



 「永遠の少年」はユングの「元型」のひとつで、女性の中の「アニムス」の一形態とされいますが、ここでは人の内面の「子ども的一要素」とでも考えて頂ければと思います。

 「永遠の少年」のイメージは、誰の心の中にも在って、溢れる探求心を邁進させる若さの源であり、幼く未熟ではあっても、あらゆるものに開かれた感受性、その中にある最終的自己完結の可能性を秘めている美しい姿です。

 反面、世の中に調和し妥協する大人になることを拒み、人にとって避けることの出来ない成長の受容を妨げる側面も持ちます。

 昨今は、大人になれないとか、自立できないとか、引きこもりだとか、後半のマイナス的な部分がフォーカスされがちなイメージですが、創造性の発揮には決して欠かせない大切な要素なのです。

 成長することは、その前段階を粉砕して次の段階に行くのではなく、前段階を組み込み受容しながら、進んでいきます。すなわち、大人の内面世界にも子どもの感性が潜んでいるのですが、顕れたものがマイナス的に強く評価されると、プラスマイナス合わせて子ども的なものは、不要として隠されてしまいます。

 すなわち、自分にとって良い面だけを残して邪魔な面は削除するなどというご都合主義は通らないといっても過言ではありません。

 では、大人としてこの社会で自立しつつ、子どもの自分を温存するにはどうしたらよいか? 純粋な創造性を探りつつ、成人としても責任も果たす、そのバランスには、誰もが悩み葛藤しているでしょう。

 答えの一つは、シンプルに「自分の中の子ども全体を受け入れる時間を持つこと、自分の中の子どもと遊ぶ時間空間を大切にすること」です。ここではどんな自分が出てきてもいいや〜と思える安全な場所・ひとときを定期的に確保すること…。

 ドリームシアターの参加者から、「子ども時代に帰った」「子どもの遊びみたい」などの感想をもらいます。このワークが、「永遠の少年」とのつきあい方を身につけるきっかけとなるなら、とても嬉しいです。
(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
4/22 (日) 13:00〜17:00

奥沢地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


5/13 (日) 13:00〜17:00

奥沢地区会館第2会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


参加費:3,000円(1回)
内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    ARTemis (10/07)
  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    彩佳 (09/30)
  • NPO法人「にじの絵のぐ」発足記念ワークショップご案内
    ARTemis (09/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM