「再びの巡り会い〜夢と夢」2月3月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2018.01.31 Wednesday
  • 22:00

昨年の新年のメルマガコラムに本との「巡り会い」を書きました。
「夢」が、著者に大きな課題とその実現を示す事になった経緯が冒頭に書かれている本でした。

そして、今年。再びの「巡り会い」。
どういう道筋でその本が手元に来たかは、もうはっきりしないのですが、同じように、著者にとって人生の大きな方向性が、「夢」によって示されたことが、初めに書かれているのです。よりによって、新年早々にその本を開くことになった私の驚きと既視感。

去年もそうだったよね…

大竹英洋著 「そして、ぼくは旅に出た。はじまりの森 ノースウッズ」

人生が開かれるきっかけの「夢」。
いつもは夢など気に留めない著者がはっきりと覚えていた「夢」。
その一週間前に聞いたモンゴル遊牧民の「夢」に関わる不思議な話。

去年の本も今年の本も、「夢」をテーマにした本ではありません。
でも、眠ったときにみる「夢」と、未だ来ぬ未来に実現させたい「夢」とが、同じ「夢」という言葉を使うなら、これらの本は、未来の「夢」をどのように実現したかが述べられた「夢」の本かもしれません。

睡眠時の「夢」(仮に夢Aとする)と、未来に馳せる「夢」(仮に夢Bとする)。

「若者よ、夢を持とう」とか、「あなたの夢を実現するワーク」などなど、「夢B」は生きる希望のように大切なものとして扱われることも多々あります。

それとは逆に、「夢A」は、「夢なんかみない」とか「そんなもの現実に役に立たない」とか、どうでも良いもの、ひどいとオカルトみたいに言われることもあるでしょう。上記の大竹さんの本には、次ような一文すらあるのです。「断っておきたいのは、ぼくは事実を伝えたいのであって、夢のふしぎな力とか、そんな話がしたいわけではありません。」夢のふしぎな力は、一般にはいかが
わしい?から、自分は違うよ〜と線を引きたかったのかもしれませんね。

現代では、こんなに異なる扱いを受ける二つの「夢」。
何故、同じ「夢」という言葉を使うのでしょうか?ここでその論を拡げるつもりはありませんが、私にとっては、これらの「夢A」も「夢B」も同じものです。
どちらも、自分自身の内から湧き上がるイメージなのですから。

あなたが「夢B」を実現したいとき、「夢A」が重要なヒントを与えてくれることも、「夢A」から「夢B」が生まれることもあるのです。

今年も「夢A」と「夢B」との繋がりを信頼して、ゆっくりと歩を進めていきます。
皆さんも、どうぞ、慌てず「夢」と「夢」を楽しみながら、自分自身を育んで下さい、豊かな時を過ごすために。
                     

 

 




日時・会場:

2/18 (日) 13:00〜17:00
緑が丘文化会館第5研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)


3/25 (日) 13:00〜17:00
緑が丘文化会館第8研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)


参加費:3,000円(1回)


内容

五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

☆お申し込みはこちらからどうぞ!


☆その他のお問い合わせはこちらから
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    ARTemis (10/07)
  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    彩佳 (09/30)
  • NPO法人「にじの絵のぐ」発足記念ワークショップご案内
    ARTemis (09/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM