間取りと夢 〜10月、11月のドリームシアタートライアルワークショップ

  • 2017.10.10 Tuesday
  • 00:46



「間取りと妄想」(大竹昭子著)という短編小説集を読んだ。

間取り図が好きな私に、家人が「こんな本があるよ」と教えてくれたもの。早速図書館に予約して、大分経ってから手元に来た。

短編一つ一つに間取りが付いていて、それに関わるストーリーになっている。
その最後の短編が「夢に見ました」というタイトルでこれのみ間取りらしき図はない。せっかくの夢なのに、間取りないことは少し残念だったけれど、それなりに夢と間取りの関係が捉えられていて、興味深かった。

私にとっては、夢日記に出てきた家などの間取りを描くのは通常のこと。あの平面図があると、そこから立体空間がイメージできて、夢を体感的に想い出すことが出来る。家などと書いたのは、建物のみでなく庭や辺りの状況など、平面的な図として表すことで、夢を現実的に再現して想い出す。

今年一月からの夢日記を辿ると、12個も間取り図・平面図が出てくる。言葉だけでは再現が難しい夢の世界をイメージ体験で補っているのだ。

私が夢を言葉化するときに、東西南北にかなり拘っているのも、この間取り図・平面図に描くのと関連しているのだろう。

夢自体は、時間も空間もないらしいが、起きて想い出すときには、この現実の時間・空間に置き換えないと、夢を捕まえることができない。そうしなければどこかに流れて行ってしまう。

間取り図・平面図に表すのは、現実とは違う次元の夢(自分)と何とか手を繋ぎたいという肉体を持ったリアルな自分の健気な努力とも言えるかもしれない。

そんな夢日記同様、ドリームシアターも夢(無意識)と繋がる一つの方法です。あなたも楽しみながらもう一つの自分の世界を旅してみませんか?
(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
10/29 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館第2研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)


11/19 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館第8研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)


参加費:3,000円(1回)


内容

五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。
対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター

依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    ARTemis (10/07)
  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    彩佳 (09/30)
  • NPO法人「にじの絵のぐ」発足記念ワークショップご案内
    ARTemis (09/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM