夢日記をつける

  • 2016.04.21 Thursday
  • 23:46
夢日記をつける上で、まず欠かせないのは、夢のメモ。
目覚めて、すぐメモれるように、ベッドサイドには必ずメモ用紙が必要です。

キーワードをメモしておけば、大体は思い出せるけれど、手がかりをなくすと、あっという間に、夢はどこかに消えてしまいます。

で、夜中でも、意識が上がる直前に夢を捕まえて、(私の場合は半分)目覚めた状態で、キーワードを書き付けておきます。

この時、とっても眠くて、メモするなんて面倒なことはしたくない、良いから眠っちゃおう〜という欲求に勝てないことも…。
メモしたつもりで、朝起きて見ると、何も書いてない!!
さらにメモしたのに、寝ぼけて書いているので、全く判読できない…ことも、多々あります。

もう一つ、起きがけの夢。
アラームが鳴れば、当然夢が飛んでいってしまうし、たくさんみた〜と思って、伸びをしたら、すべて消えてしまった…

あ〜あ、泣けてきますネ。

何とか書き残したキーワードを元に、ノートに改めて書いたものが夢日記になります。
(最近は、ノートでなくて、スマホに記録している人も多いかも〜

こんな苦労をしながらも、夢日記をつけ続けているのは、これが何よりも、自分自身とのつきあい方を教えてくれる手段の一つだから、そして、自分の全体性を保つのに、大きな役割を果たしていることを、実感として、経験則として、知っているからです。

せっかくみている夢、あなたも夢日記をつけて、活用してみませんか?

(文・依浮)



☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
5/22(日)13:00〜17:00
九品仏地区会館2F大広間(東急大井町線九品仏下車1分)

6/26(日)13:00〜17:00
奥沢地区会館第3会議室(東急大井町線九品仏下車3分)

参加費:3,000円(1回)

内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。

対象:どなたでも参加できます。

ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

 ☆お申し込みはこちらからどうぞ!

 ☆その他のお問い合わせはこちらから
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    ARTemis (10/07)
  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    彩佳 (09/30)
  • NPO法人「にじの絵のぐ」発足記念ワークショップご案内
    ARTemis (09/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM