渦巻&龍 〜7月・8月のドリームシアター・トライアルワークショップ

  • 2018.07.02 Monday
  • 23:38


前回のシアターに出て来たキーワード、内なる襞に隠れて潜んでいたみたい。
「何を書こうか?」とノートを広げたら、ムクムクと膨れ上がってきた言葉、「渦巻」。Sさんの夢のタイトル。私の中でボンヤリと膨れ上がった。

まずは、その一般的意味合いから関連するものまでも含めて、探ってみる。

渦(巻):グレイトマザーの象徴。海や大地に引き込まれる。混乱や闇に飲み込まれる恐れ。母親の問題。無意識の中で、コンプレックスが動いている。
cf.竜巻:上昇エネルギー。老賢人。無意識から突然顕れる女性性エネルギー。
天地の統合、そのための激しい破壊力。
cf.龍:土・空気・火・水の四大元素の特徴を兼ね備えた龍は、光と闇、太陽と月、男性と女性、そしてこれらの対立する力の根底にある統一を象徴する。
東洋と前キリスト教ヨーロッパにおいては、龍は役に立つ親切な動物であると考えられているが、しかし、キリスト教は蛇を悪の象徴と考え、また龍を破壊
的性質や内的混沌を表す不吉なものとかんがえた。クンダリーニパワー。内的衝動。
cf.螺旋:曼荼羅。論理的思考では解決できず、いつまでも感覚あるいは直感のままの状態で残されているものに近づこうとする怖れ。より深い認識や洞察へと徐々に向かうこと。日々繰り返し習慣となっているような事柄。

「龍」は、ここ数年毎日実践しているカラーイメージワークに出てくる。即ち、毎日毎日イメージしているもの。「渦巻」を辿って「龍」に辿り着いたのは、当然といえば当然だが、自我意識は全く予想してなかったので、かなりビックリとワクワク感がある。

その日のシアターは、参加者の都合もあって、たまたま私自身がその夢のアクターになった事も、私の内的世界の扉を開ける一因となったのだろう。さらに意味合いを探り、Sさんの夢と私のイメージが繋がった時、ビッグドリームへと拡がっていく。

折があれば、このビッグドリームもご紹介したいが、何しろビッグなので意識の枠内に収まるかどうか?

因みに、この日のシアターには、「泥」というタイトルも登場している。
「泥」は「土」…  ウーン、果てしなくなりそうです。
 (文  依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
7/8(日)

13:00〜17:00 奥沢地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車3分)
8/19(日)

13:00〜17:00 奥沢地区会館第2会議室(東急大井町線九品仏下車3分)
参加費:3,000円(1回)
内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。
対象:どなたでも参加できます。
ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから




 

6月〜7月のおんどくワークショップ&ILPワークショップ

  • 2018.06.12 Tuesday
  • 23:30

 

☆ おんどくパーティ

読んで、聞いて、話し合って。そんなシンプルなワークが毎回新たな発見を生んでいます。
続けていくことで波紋が広がるように「ワークショップで得る気づきを自然に実生活に取り込んでいける実感」が得られるワークです。

日時・会場:
6/30(土)13:00〜14:30 奥沢地区会館第2会議室(東急大井町線九品仏下車3分)
7/22(日)13:00〜14:30 奥沢地区会館第3会議室(東急大井町線九品仏下車3分)

 

必要なもの:音読したい文章
(ジャンル問いません。目安は文庫本で6ページくらいまで)

 

参加費用:500円/1回

 

定員人数: 4名(先着順)
ファシリテーター:ナカガワ

ご予約はこちらのメールフォームからお願いします。

 

*準備の都合上、前日の20時までにお申し込みください


☆ワンコインWS ILP(統合的生活実践の会)

何もしないとさらさらと流れていってしまう時間が、ILPという軸で振り返ることでしっかり、意味のあるものとして捉えられるようになったという声をいただくことがあります。ILPは、一人ひとりの生活をより深く、味わい深くするツール。初めての方も、お気軽にどうぞ。

日時・会場:
6/30(土)15:00〜16:30 奥沢地区会館第2会議室(東急大井町線九品仏下車3分)
7/22(日)15:00〜16:30 奥沢地区会館第3会議室(東急大井町線九品仏下車3分)

 

参加費:500円/1回

 

持ち物:筆記用具

 

ファシリテーター:依浮とし子、千葉えり
*動きやすい服装でおいでください。軽い体操をします。

 

申し込みこちらのメールフォームよりお申し込みください。

*準備の都合上、前日の20時までにお申し込みください。
*おんどくワークショップに引き続いて開催されますので、開始時間が多少前後することがあります。ご了承ください。

なお、それぞれのワークショップについてご質問等ありましたら、下記メールフォームよりお願い致します。
お問い合わせ
 

<海> 〜6月・7月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2018.05.30 Wednesday
  • 23:56

 

海の出てくる夢をみた。
ほんの少ししか出てこなかったし、夢の登場人物に「海なんか無い」と、否定されてしまったが、起きてからも、一瞬の海の景色が強く残っていた。5/23の夢。

そのイメージは前にもみた覚えがあり、気になって、夢日記を探ってみる。

4/12に出て来た浜がこの海らしい。「小さな入江の浜。以前も来たことがあるような」と、 記されている。この夢の中で、私はこの浜のある町が気に入って「このまま帰らなくても良いかも」と思っている。どこか温かく懐しい。

海の一般的意味合い。
海:内的世界。感情エネルギー。生命力の源。無意識

私は、海の近くで生まれたが、すぐに都会に来て、海辺育ちではない。ただ母は生まれも育ちも海辺の町のせいか、良く私達姉妹を海に連れて行ってくれた。「海は身近だけど恐いもの」と教えたのも母。

この世に生を受けた瞬間の空気感と、母の郷愁が、私に海への懐しさと愛おしさを呼び醒ますのか? それとも、内的世界の深海に漂う揺り籠が、絶えることなく子守唄を奏でて続けているのか? 

夢が海への思いを訊ねて来る。

皆さんにとって、懐かしい夢やアイテムはどんなものですか? ワークが、それをシェアする機会になれば幸いです。           

(文・依浮)
 

日時・会場: 
6/17(日)

13:00〜17:00

奥沢地区会館第2会議室(東急大井町線九品仏下車3分)

 
7/8(日)

13:00〜17:00

奥沢地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車3分)  


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。

 

対象:どなたでも参加できます。

 

ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

 

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

 

☆その他のお問い合わせはこちらから

 

夢に出てくる人 ~5月、6月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2018.04.30 Monday
  • 23:14

 

久しぶりにAさんの夢をみた。内容は変化したが、一晩に続けて出てきた。彼女にお会いしなくなって大分になるのだが。

こうやって、ある時突然、日常では余り意識に浮かんで来なくなった方が夢に出てくる事がある。一晩に何度もしつこい位の事もあり、たて続けに数日みる事もある。

日常共に過ごす機会がある方達は、夢には結構出てくるものだが、そういう機会が遠くなった方が、突如として夢に強く顕れる時は、その後連絡を頂いたりする事が多い。

不思議としか言えないが、予知夢? 別の言い方をすれば、共時性のひとつなのだろう。

これは、私だけでなく多くの方が経験している事だと思う。

夢の世界では、日常では離れてしまっても繋がっている方達が、いっぱいいるんですね。

無意識の中では、あらゆるものが繋がっているのかもしれません。


ドリームシアターは、その繋がりを実感体感させてくれるワークのひとつ。楽しみながら感じてみて下さい。

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
5/13 (日)

13:00〜17:00

奥沢地区会館第2会議室(東急大井町線九品仏下車3分) 

 

6/17(日) 13:00〜17:00

奥沢地区会館第2会議室(東急大井町線九品仏下車3分) )

参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、 夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

 

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

 

☆その他のお問い合わせはこちらから

 

「永遠の少年」〜4月、5月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2018.04.01 Sunday
  • 23:16



 「永遠の少年」はユングの「元型」のひとつで、女性の中の「アニムス」の一形態とされいますが、ここでは人の内面の「子ども的一要素」とでも考えて頂ければと思います。

 「永遠の少年」のイメージは、誰の心の中にも在って、溢れる探求心を邁進させる若さの源であり、幼く未熟ではあっても、あらゆるものに開かれた感受性、その中にある最終的自己完結の可能性を秘めている美しい姿です。

 反面、世の中に調和し妥協する大人になることを拒み、人にとって避けることの出来ない成長の受容を妨げる側面も持ちます。

 昨今は、大人になれないとか、自立できないとか、引きこもりだとか、後半のマイナス的な部分がフォーカスされがちなイメージですが、創造性の発揮には決して欠かせない大切な要素なのです。

 成長することは、その前段階を粉砕して次の段階に行くのではなく、前段階を組み込み受容しながら、進んでいきます。すなわち、大人の内面世界にも子どもの感性が潜んでいるのですが、顕れたものがマイナス的に強く評価されると、プラスマイナス合わせて子ども的なものは、不要として隠されてしまいます。

 すなわち、自分にとって良い面だけを残して邪魔な面は削除するなどというご都合主義は通らないといっても過言ではありません。

 では、大人としてこの社会で自立しつつ、子どもの自分を温存するにはどうしたらよいか? 純粋な創造性を探りつつ、成人としても責任も果たす、そのバランスには、誰もが悩み葛藤しているでしょう。

 答えの一つは、シンプルに「自分の中の子ども全体を受け入れる時間を持つこと、自分の中の子どもと遊ぶ時間空間を大切にすること」です。ここではどんな自分が出てきてもいいや〜と思える安全な場所・ひとときを定期的に確保すること…。

 ドリームシアターの参加者から、「子ども時代に帰った」「子どもの遊びみたい」などの感想をもらいます。このワークが、「永遠の少年」とのつきあい方を身につけるきっかけとなるなら、とても嬉しいです。
(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
4/22 (日) 13:00〜17:00

奥沢地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


5/13 (日) 13:00〜17:00

奥沢地区会館第2会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


参加費:3,000円(1回)
内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから
 

無我夢中 〜3月、4月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2018.03.03 Saturday
  • 17:42

 

*<無我夢中>
「無我」はもとは仏教用語で、「我意のないこと」を示します。文字通り、「我」が無いのですね。「夢中」には、「我を忘れる」「正気を失う」の他に、「夢の中」という意味もあります。

「無我夢中」は、「集中する」「無心になる」、またはその状態を表す言葉です。
自我は常に周りに注意を払い、過去や未来にまで思いを馳せながら、ある意味「此所」や「今」を失っているのですが、我を無くし夢の中に入れば、周囲の物理的世界は消え、時間は飛び去り、今・此所のみの存在でいられます。

集中力の高い人とは、この「無我夢中」への切り替えの上手い人なのかもしれません。

ドリームシアターは、この四字熟語そのままの通り、「我を無くし夢の中へ」というワークです。扱っているものが「夢」ですから、自我の囚われから離れやすい、また「夢だから、現実でないから」という安心感がベースにあり、「我」を手放しやすいのですね。

集中力を育むためにも、「無我夢中」のひとときを実感してみてください。

(文・依浮)

 

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ
日時・会場:

3/25 (日) 13:00〜17:00
緑が丘文化会館第8研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)
4/22 (日) 13:00〜17:00
奥沢地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

☆お申し込みはこちらからどうぞ!


☆その他のお問い合わせはこちらから


 

「再びの巡り会い〜夢と夢」2月3月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2018.01.31 Wednesday
  • 22:00

昨年の新年のメルマガコラムに本との「巡り会い」を書きました。
「夢」が、著者に大きな課題とその実現を示す事になった経緯が冒頭に書かれている本でした。

そして、今年。再びの「巡り会い」。
どういう道筋でその本が手元に来たかは、もうはっきりしないのですが、同じように、著者にとって人生の大きな方向性が、「夢」によって示されたことが、初めに書かれているのです。よりによって、新年早々にその本を開くことになった私の驚きと既視感。

去年もそうだったよね…

大竹英洋著 「そして、ぼくは旅に出た。はじまりの森 ノースウッズ」

人生が開かれるきっかけの「夢」。
いつもは夢など気に留めない著者がはっきりと覚えていた「夢」。
その一週間前に聞いたモンゴル遊牧民の「夢」に関わる不思議な話。

去年の本も今年の本も、「夢」をテーマにした本ではありません。
でも、眠ったときにみる「夢」と、未だ来ぬ未来に実現させたい「夢」とが、同じ「夢」という言葉を使うなら、これらの本は、未来の「夢」をどのように実現したかが述べられた「夢」の本かもしれません。

睡眠時の「夢」(仮に夢Aとする)と、未来に馳せる「夢」(仮に夢Bとする)。

「若者よ、夢を持とう」とか、「あなたの夢を実現するワーク」などなど、「夢B」は生きる希望のように大切なものとして扱われることも多々あります。

それとは逆に、「夢A」は、「夢なんかみない」とか「そんなもの現実に役に立たない」とか、どうでも良いもの、ひどいとオカルトみたいに言われることもあるでしょう。上記の大竹さんの本には、次ような一文すらあるのです。「断っておきたいのは、ぼくは事実を伝えたいのであって、夢のふしぎな力とか、そんな話がしたいわけではありません。」夢のふしぎな力は、一般にはいかが
わしい?から、自分は違うよ〜と線を引きたかったのかもしれませんね。

現代では、こんなに異なる扱いを受ける二つの「夢」。
何故、同じ「夢」という言葉を使うのでしょうか?ここでその論を拡げるつもりはありませんが、私にとっては、これらの「夢A」も「夢B」も同じものです。
どちらも、自分自身の内から湧き上がるイメージなのですから。

あなたが「夢B」を実現したいとき、「夢A」が重要なヒントを与えてくれることも、「夢A」から「夢B」が生まれることもあるのです。

今年も「夢A」と「夢B」との繋がりを信頼して、ゆっくりと歩を進めていきます。
皆さんも、どうぞ、慌てず「夢」と「夢」を楽しみながら、自分自身を育んで下さい、豊かな時を過ごすために。
                     

 

 




日時・会場:

2/18 (日) 13:00〜17:00
緑が丘文化会館第5研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)


3/25 (日) 13:00〜17:00
緑が丘文化会館第8研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)


参加費:3,000円(1回)


内容

五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

☆お申し込みはこちらからどうぞ!


☆その他のお問い合わせはこちらから
 

初夢シアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2018.01.04 Thursday
  • 11:17

 

今年も夢と共に楽しく満ち足りた時間を共に過ごしましょう。
夢が自分であることを実感して自分への信頼を育てましょう。


まずは、新年初夢。一月二日の夢に限らず、これこそ!と感じる夢を携えて、どうぞワークにお越し下さい。


☆初夢シアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
 1/28 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館第2研修室(東急大井町線自由が丘駅徒歩5分)


 2/18 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館第5研修室(東急大井町線自由が丘駅徒歩5分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから


 

今年の夢の振り返り ~12月〜1月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2017.12.05 Tuesday
  • 19:57



毎年の事ながら、この時期一月からの夢の振り返りをする。決めているわけではないのだけれど、自然そうなる。多くの夢が甦ってきて、気持ちが高まったり大らかになったりする。

私にとっては、楽しい作業の一つ。

まぁ、夢日記をつけていないと出来ないことなのだけれど。

今年、大きな発見があった。全く、繋がっていない夢が、実は同じ事を示唆していることに気づいたのだ。

一つは、2/1の夢。もう一つは、7/20の夢だ。
何故同じと思ったのか?それは殆ど同じ図が描いてあったからだ。さらに確認すると登場人物は同じ人(仮にAさんとする)であった。夢はどうしてもストーリーで追いがちになるので、背景も話しの流れも違うと同じ夢とはなかなか気が付かない。そういう意味で、図や絵は夢を調べる貴重な要素になる。

図に描かれたものは、どちらも「丸くて平たいもの」。一つめの夢では、Aさんは「これはたいせつなもの」と言っている。二つめの夢では、Aさんが鏡らしきところにその図を描こうとしていて上手く立体に表現で出来ず、私が描いてみせている。ただその時点で多分私の考え(意識上の)が入ってしまって、Aさんが描きたかったものとは少し異なってしまったように思える。しかし、基本の図柄は大きくは違わない。

二つめの夢では、ガラスや鏡は「確認」に関わる意味があるので、夢日記をつけた時点で振り返りをして、前年(2016年)の初夢に出てきた「玉」と関連していると記してある。「玉」は今年も大きな意味があることが分かっていて、実は現実でも興味深い「玉」に出会っている。確かに「玉」の流れの中にあるが、この二つの夢の図は、「玉」そのものではない。

この「丸くて平たいもの」は新しい年に繋がる「大切な」鍵なのだろう。そう思うとワクワクしてくる。夢はこれから何を私にみせてくれるのだろうか?

いつものことながら、夢に深く感謝の思いが湧いてくる。ありがとう。

皆さんは、今年どのような夢に出会えましたか?まだ今年は終わってないので、これから重要な夢をみるかもしれませんね。ドリームシアターで、シェアして下さると、とても嬉しいです!!
(文・依浮)

 

 

日時・会場:
12/17 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館美術室(東急大井町線自由が丘下車5分)


 1/28 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館第2研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、 夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

☆お申し込みはこちらからどうぞ!


☆その他のお問い合わせはこちらから

 

「される」と「する」〜11月、12月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2017.11.07 Tuesday
  • 20:10



10月のシアターに顕れたテーマは、「される=受動」と「する=能動」でした。

*Nさんの夢は、タイトル「ふつう」で、夢のアイテムは「宇宙人」と「夢見者」。これは「受け入れられる」宇宙人と「受け入れる」地球人。
*Kさんの夢は、タイトル「迷う」で、夢のアイテムは「選ばれるもの」と「夢見者=選ぶ人」。これはそのままで「選ばれる」と「選ぶ」。
*Sさんの夢は、タイトル「見ちゃった」で、夢のアイテムは「ガラスに映った夢見者」と「夢見者」。これは映った方が「見られる」で、夢見者がそれを「見る」。

「される=受動」の方が無意識的シャドー的自分で、「する=能動」の方が自我的意識的自分となっています。

Nさんの宇宙人の、一般的意味は「未だ外に出てない自分の側面、もしくはシャドー」
Kさんの最後に出てきて選ぶのを迷ったラブラドール。犬の一般的意味は「男性性」と言われます。個人的意味は各個人違うでしょう。犬を怖がる人もいれば、犬が愛情の対象になる人もいますから。
Sさんの「ガラスに映った本人」の一般的意味は、「自分点検。無意識の中の自分を探す」。鏡に映るのも同じです。

NさんとSさんの夢は、基本的な構成は同じ。後は感じ方の違い。

「ふつう」に思うか?「変」と思うか? ただ、気をつけないとならないのは、往々にして夢に出てくる奇妙なものは、夢の中では自分ではないと思っているので、違和感なく受け入れることが多いです。Sさんの夢のように、映った自分自身が「変」なスタイルだと受け入れが難しかもしれません。

夢に顕れるものは、基本的に自分自身です。それが自分という形態をとっていなくても、未だ見ぬ自分であったり、影に押し込めてしまった自分であったりするのです。

夢のワークでは、焦ることなく時間をかけて、「される=受動」自分も「する=能動」自分も変わることのない「自分」だと気づき、「自分」の幅も奥行きも拡がっていきます。                  

 (文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
11/19 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館第8研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)


12/17 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館美術室(東急大井町線自由が丘下車5分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    ARTemis (10/07)
  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    彩佳 (09/30)
  • NPO法人「にじの絵のぐ」発足記念ワークショップご案内
    ARTemis (09/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM