夢は嘘をつかない 〜6月、7月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2019.05.20 Monday
  • 19:50

 

夢は嘘をつかない〜 長らく夢と付き合って来て、ある時ふと浮かんだこの言葉が、私の確信になっている。

嘘をつくのは言葉であり、イメージは嘘をつかない(つけない)と、考えて来た。

 

今、読んでいる本。「夢のフロンティア」(マーク・J・ブレッシュナー著)の-5章のタイトルは「夢のなかでは決して嘘をつかない」とあり、それはテキスト内で次のフレーズに繋がっている。「しかし、夢については嘘が言える。」

 

夢について他者に話すとき、言葉がどんどん進んで、別のイメージを構成してしまうことがある。心の何処かに「???」が浮かぶが、それは一瞬のことで、次の時間には見えなくなっている。夢日記をつけるときも、言葉や時間の整合性に気を取られて「?」をそのままにすることも多々ある。この「?」が、後に夢日記を見返したとき戻ってくることもあるが、全く気付かずスルーしてしまうことも少なくない。

 

嘘をついているつもりはないが、(夢であれば嘘だと人に知られることはないし)、なめらかな言葉の連なりは、他者や自分が受け入れ易い形になっている分、どこか工作的で平面的になってしまっているだろう。

 

だから私は、夢日記であれば、何度も何度も見返して、慎重に「?」を探す。
話し言葉で出したものは、殆どが「?」を取り返す術を持たない。

この事は、夢だけではなく、覚醒時の生活の中でも良くあることではないか?
私たちは、ある部分は現実に合わせるために、自分にも他者にも嘘をつく。
そして、嘘は次の嘘を招き、いつの間にか自分にとって何が本当だったのか分からなくなる。現実の生活は、夢ではない。即ち、その大半は私一人のものではないので、声に出した取り返すことのできない嘘が、他者との関係性の中で齟齬を産み続ける。

 

「人は信じられない」。この言葉はそのまま自分にも戻ってくる。その結果、自分の嘘と他者の嘘に触れぬよう、何枚も固いマントを被って暮らすことになる。そんな人々の群れは、まるでハリネズミの集団のよう。

 

ワークで夢をシェアしあう時は、できればこの固いマントを少しは脱ぎ捨てて向かい合いたいものです。

夢は、嘘をつかないと同時に、言葉の持つ刃を持っていません。

共有する時、言葉の介在は避けられないですが、自分の発する言葉に丁寧に耳を傾けながら、僅かな「?」にもフォーカスして、言い換えることのできる場が大切だと思っています。夢に坐して、マントを脱いだら爽やかな風が吹き抜けるでしょう。

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
6/23(日)

12:30〜17:00

奥沢仏地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車2分)


7/7(日)12:30〜17:00

奥沢地区会館大会議室

(東急大井町線九品仏下車2分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

 

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。


☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから

気づきの宝庫 〜5月、6月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2019.04.23 Tuesday
  • 19:48

 



夢は複雑で、構造的には多重であり、その意味においては多義的である。即ち、一つの夢には多くの意味が重なって含まれている。だから、教科書通りの分かり易いシンプルな様式に見える時もあるし、抽象画のように何を言ってるのかサッパリ分からない時もあるのだ。

目覚めて、夢を思い出す時、当然ことながら自我的・言語的思考の文脈に合わせなければ、夢を掴む事は難しい。時間も空間も物事のあり方も、起きている自分の枠組みで捉え記憶する。分かり易い夢は、この言語的思考に合わせ易く、しかもその時点で自我的に受け入れ可能なもの。サッパリ分からない夢は、この文脈では切り取り難く、自我の抵抗に阻まれるもの。

どちらの夢も、たくさんの気づきの宝庫なので、私は良く夢日記を見返す。思い出した時には納得した夢にも、また疑問符だらけだった夢にも、見返した時点での新たな気づきのきっかけがたくさん残されている。

だからこそ、ドリームシアターでも、振り返りの時間が大切なのだ。そこには、夢見者、演者、その場の全ての人に、気づきのための雨が降り注いでいる。夢をみた「時」、日記に書いた「時」、シアターで演じた「時」など、複数の「時」の膨らみが大きな一枚の絵になって、気づきのヒントが点滅し始める。どのヒントを手にするかは、各人違うだろう。だが、それはその時点で、その人に必要であり、そのグループに必要であり、もっと大きくその社会全体に必要なものなのかもしれない。

日常生活で見落とされた気づきのギフトを、あなたもドリームシアターで受け取ってみませんか?

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
5/19(日)

12:30〜17:00

奥沢地区会館大会議室(東急大井町線九品仏下車2分)


6/23(日)

12:30〜17:00

奥沢仏地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車2分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。

 

対象:どなたでも参加できます。

 

ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

☆お申し込みはこちらからどうぞ!


☆その他のお問い合わせはこちらから
 

逃げる夢 〜4月、5月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2019.03.23 Saturday
  • 01:13

 

 

逃げる夢は、ユニバーサルな夢の一つに数えられる。逃げる夢をみたことがないという人は、まずいないだろう。

記憶にないということはあってもだ。私も以前は年がら年中、夢の中で逃げていた気がする。最近は頻度が落ちているが、それでもこの半年間で11個の夢で逃げていた。

 

確かに現実は、逃げたい事や物で溢れている。面倒でやりたくない考えたくない事や嫌な思いを伴う事象は、人生ではいつも複数あって、何とかそれらから逃れられないものか画策している自分がいる。

同時に、思考や想定など許さない大きな危険と恐怖に襲われて逃げる可能性も多々あるのだ。

 

「逃げる」は常に「追う」と対を成している。即ち逃亡者がいれば追手がいるということ。夢を主体水準でみれば、逃亡者も追手も自分自身。自分で自分を追い込み逃げているということになる。

客体水準でみると、追手は、社会的日常的な心理的圧迫感であったり、現実の事件・事故・災害などのニュースがもたらす恐怖だったりもする。それら実際の恐怖の事象から逃れた人は、その後幾たびも夢の中で逃げるだろう。

夢には、浄化作用があるといわれてるが、それがわかっていても、逃げる夢は苦しい。誰かと分かち合って支えて欲しい。この夢を何とかして欲しい。

 

先日のシアターに、「しがみつくナマケモノから逃げる夢」がありました。ステージは逃げきれずに終わりましたが、そこには、諦めだけでなく、自分であるナマケモノの受容が示唆されていたのです。

即ち、「逃げる」は「追手の受容」につながるのですが、この転換は一人ではなかなか難しい。シアターでは、孤独な葛藤を皆で共有することで、無理のない体感的な納得が生みだされます。

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
4/7 (日)

12:30〜17:00

 九品仏地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏駅下車1分)

 

5/19(日)

12:30〜17:00

 奥沢地区会館大会議室(東急大井町線九品仏下車2分)

 

参加費:3,000円(1回)

 

内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。
対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

 

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

 

☆その他のお問い合わせはこちらから

 

夢語の意味〜洗う  〜3月、4月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2019.02.21 Thursday
  • 18:00

 


洗う:行動の洗い流し。感情の洗浄、浄化。
洗濯:浄化。自己の否定的な感情を取り除くこと。 
洗浄する:自己表現しようとしている。創造的表現の試み。緊張の解放。否定的な経験や感情を取り除こうとしている。自分が自然のままであることを許そうとしている。
水:情緒、気分、感情のエネルギーの流れ。

ふと、昔みた夢のワンシーンを想い出す。いつみたかは想い出せない。洗濯物を取り込んでいる。そういえば、以前はよく洗濯とか干し物とかの夢をみた。最近はどうかな?と、夢日記を開いた。サラッと3〜4ヶ月分みると、思ったより「洗う」関係の夢が記されている。「水」まで拡げるとかなりの割合になりそう。

夢そのものに、浄化作用があるといわれている。過去の痛みを伴う体験や心的外傷の再体験などでは、苦痛や不満を和らげ、不快な感情を「浄化」する働きも、夢にはあると考えれている。

一般的に観劇には浄化作用(蓄積した緊張を解放する効果)があるとされているが、夢を劇の一幕とみれば、夢見者はその劇の作家であり、演出家であり、役者であるから、夢の浄化作用は大きいといえよう。

様々な夢の中でも、「洗う」や「水」関係ではより直接的に「浄化」を示唆しているのだろうか。夢体験そのものでも浄化が行われ、夢語の意味的にも「浄化」にフォーカスを促し、今の自分を振り返るようにいわれているのかもしれない。

シアターは夢プラス劇場なのですから、演じても観ても、その場にいることで浄化作用が進むのですね。だから、あんなに心が震えるのかもしれません。

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
3/3  (日)

12:30〜17:00

奥沢地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏駅下車3分)


4/7  (日)

12:30〜17:00

九品仏地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏駅下車1分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから

 

初夢 〜2月、3月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2019.01.21 Monday
  • 20:16

 


毎年書いているのですが、初夢は一月二日の夜にみたものだけではありません。
一月中にみた気になる夢や繰り替しみる夢は初夢だと、私は考えています。

 

そう思って、一月が過ぎてから、夢日記を開いて、初夢を確認することもできるでしょう。
特に、インパクトの強い夢に出会わなかった方には、この方法がお薦め。

意外と新たな発見があります。

そんな夢なども携えて、二月のドリームシアターに、どうぞ、ご参加下さい。

 

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
2/17 (日)

12:30〜17:00

奥沢地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


3/3  (日)

12:30〜17:00

奥沢地区会館第3会議室(東急大井町線九品仏駅下車3分)

 

参加費:3,000円(1回)

 

内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。

 

対象:どなたでも参加できます。
ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

☆お申し込みはこちらからどうぞ!


☆その他のお問い合わせはこちらから


 

初夢のくれたもの 〜1月・2月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2018.12.25 Tuesday
  • 23:44



「今年のテーマは何だたっけ?」と、夢日記を開いてみた。

1/5と1/7に「土」に関わる夢をみて、ピンと来ないけれど一応これが今年のキィワードだと思ったことが甦る。

土:基礎固め。
大地:生命と活動を支える基盤、我々が当然のごとく享受しているもの、現実を構成しているもの。拠って立つ基盤。当然のことと考えてきた態度や人間関係のあり方、日々の生活のあり方。母なるもの。

大地となると、結構大きな拡がりのある意味合いになるけれど、私のみた2つの夢は、どちらも、猫の額の我が庭やベランダの鉢植えの土。

しかもコンクリート破って生えてきた樹を抜いてもさらに土が山盛りになってまうとか、鉢植えの土を廃棄しても白っぽい土が次から次と出てきてしまう、などという余り気分の良くない、煩わしい感じの夢で、まぁ、意味から診て、日常の基礎を固めるというのが今年のテーマかな?そう考えてもきちんと腑に落ちなかったのだ。

今、読み返して、はたと気づく。

我が家の南面、庭やベランダの前は、去年いや今年の夏前まで、左手は小さな森の如く木々が密集し、カラスの子育て・様々な鳥たちの訪れ・猫たちの散歩道・夏は蝉時雨、真ん前は大きな葉桜があって春は溢れる濃いピンク一色。

それらは「当然のことと考えてきた」のだ。

それが、今や、小さな森は木々が全て根こそぎ抜かれ、何度も何度も、濃茶色の土を掘り返しては山盛りにし白い粉状の何か?を入れて埋め戻す宅地造成の真っ最中。
宅地に接した位置にあった大きな葉桜は搬入に邪魔なのか凄い勢いで伐採され地面すれすれに太い切り株が残るだけ。宅地が完成すれば、新しい家々が隙間なく建ち、景色が変わるだけでなく日の光も風の流れも変わるだろう。

工事の騒音と土埃にばかり気を取られて、今年の初夢のテーマなどすっかり忘れて過ごしてきたけれど、読み返せば、あぁ、このことだったのね。

夏以降の眼前の変化に心暗くなりながら、少しずつ受け入れてきた現実。

変わらぬものは何も無い。この瞬間この瞬間にあらゆるものが変わっていく。
変化は時間なのだから。私を含めて森羅万象、時の流れで移ろっていく。
「拠って立つ基盤」も例外ではない。

何と大きいこの世界の原則。
面白味に欠けたちっぽけな初夢のテーマではなかったようです。
暮れも押し迫って、やっと受け取れました。

新年もまた間違いのない初夢が訪れることを信じて、去りゆく年にありがとう!

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
1/20 (日)

12:30〜17:00

等々力地区会館小会議室(東急大井町線等々力下車6分)


2/17 (日)

12:30〜17:00

奥沢地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。
対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

☆お申し込みはこちらからどうぞ!


☆その他のお問い合わせはこちらから

 

虫の知らせ 〜12月、1月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2018.11.26 Monday
  • 23:29

 


<虫の知らせ>
良くないことが、これから起こるもしくは既に起こっていると感じること。

小学生の頃、友達の家で遊んでいた時のことだ。北に小さな窓のある部屋で3〜4人いた。家の北側は下り斜面になっていて、窓からはいつも空しか見えない。
その日は曇り空で窓一面白っぽい灰色だった。突然、窓の方からギャーッという鳴き声がして、全員一斉にそちらを見た瞬間、バーン!と激しい音と共に、大きな黒いものがガラスにぶつかった。(多分カラス?)子ども達は、顔を見合わせると、湧き上がる恐怖で、我先に部屋から飛び出した。
その夜、我が家に、遠くに住む祖父の死の知らせが届いたのである

これが、私の最も古い「虫の知らせ」の記憶だと思う。

「虫の知らせ」が何故起きるのかは、今の科学では明らかにできないだろう。

「共時性」のひとつだが、そもそも「共時性」も何故起きるかは未だ分からない。空間を飛び越え、時間の枠が外れた何処かから流れ込む信号のようなもの。

意識の領域への無意識からの知らせなのか。

おおざっぱに云うならば、私たちは意識・無意識に跨った存在。現実の日常で認知されるのは、殆どが意識の領域だが、無意識の世界も常に共にある。

夢の「虫の知らせ」はよく聞く話だ。夢の中では、空間も時間も現実の枠組みでは計れない世界に漂う。目覚めているときは、現実の激しい流れに隠れて、殆ど認知し得ないその世界を、夢では当たり前のように旅する。

だから、夢は荒唐無稽で支離滅裂・奇妙奇天烈なのだろう。

夢と丁寧に付き合っていると、夢の中だけではなく、目覚めている日常にも「共時性」や「虫の知らせ」が其処此処にあることを感じやすくなる気がします。

そう、自分はいつも、今の現実だけではないもう一つの世界にも支えられているのですね。
ありがとう! 

 

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:


12/16(日)

12:30〜17:00 

九品仏地区会館地下大会議室(東急大井町線九品仏下車1分)

 
1/20 (日)

12:30〜17:00 

等々力地区会館小会議室(東急大井町線等々力下車6分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから


 

夢友達 ~11月・12月のドリームシアター・トライアルオープンワーク

  • 2018.10.28 Sunday
  • 00:09



夢を分かち合う友や仲間のこと。ドリームフレンド。

先日、ドリームシアターのメンバー達が出てくる夢を、立て続けにみた。

ワークをしているのか、これからするのか、みんなが集まっている

ひとつは、「何か問題があってワークが始められない。何とか解決しても、シーンが変わってやはり上手く物事が進まない」という夢。

もうひとつは、「私が育った街の通りをゆっくりと観ながら、みんなで歩いている。通りは以前とはすっかり変わっていて月日の流れを感じさせる。白木の大きな門が印象的」という夢。

これらの夢を反芻して感じたのは、問題に遭遇したり人生を振り返ったりする時、夢の中の仲間達が自然体で支えてくれている事の温かさとやさしさ。シアターは、夢を分かち合いながら、はっきりとは言葉で説明できなくても、夢の次元で「共にいる」空間・場なのだと、しみじみ思う。

夢を分かち合い共有すると、無意識の中でのつながりが生まれます。日常とはひと味違うその関係が、生命(いのち)を支えている重さを実感した夢でした。
ドリームシアターを続けていけることへの幸せと感謝でいっぱいです。

(文・依浮)

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
11/4(日)

12:30〜17:00

奥沢地区会館第3会議室(東急大井町線九品仏下車3分)

 

12/16(日)

12:30〜17:00

九品仏地区会館地下大会議室(東急大井町線九品仏下車1分) 


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。

 

対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリ
テーター)

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

☆お申し込みはこちらからどうぞ!


☆その他のお問い合わせはこちらから
 

夢語の意味〜食べ物  9月〜11月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2018.09.25 Tuesday
  • 23:57

 

夢に出てきても、なかなか注目しにくいのが、「食べ物」かもしれません。
先日の夢に、スナック菓子がかなり記憶に残る登場の仕方をしていたので、今回のテーマにしたのですが、想い出せば食べ物はいろいろな夢に出ているのに、脇役的で印象に残りにくいものが多いようです。(シアターから物語を創った「祈り」では、主役級だったけれど。)

まずは、一般的意味から。

食べ物:心の糧、思考の糧、身体の糧、魂の栄養。アイディアの糧

食べる:そのことによって要求や「空腹」を満たすこと。夢の内容によって情緒的・精神的・性的など、どんな要求についても言える。
*食べないこと:からだが要求するものと、身体の現状との間に葛藤があること。成長・変化を回避したい願望。他人や現実や一切のものから孤立する試み

*ある食べ物を避ける:自己の要求に対する何らかの決断を示す。食べ物アレルギーを示す。
*他人に食べ物を与える:他人に自分を捧げる、或いは自分の中のある側面を育てること。
*胸がつかえるような食べ物、食べられない食べ物を食べる:受け入れられない経験とので会い。自分を「病気」にさせるようなものを「消化」使用とする意志。

菓子:エネルギーの必要性。歓びの表出。ほうびをもらったときの感覚。

先日の夢:男の子が二人、旅支度のように、帽子を被りしっかりした防水のジャンパーを着てリュックを背負って、それでいて手にスナック菓子(紙の筒状の容器に入ったポテトチップス)を持っている。それって邪魔じゃない?と私は思いながら、行ってらっしゃいと送りだそうとしている。

私自身は、スナック菓子などは、メインの食事に比べて余り必要ではないと思ってるところがあるので、多分「邪魔じゃない」となったのだろうが、人間的・社会的な責務(服装はきっちりガードして荷を背負っているいる)だけではない邪魔や遊び、すなわち余裕というご褒美に注目し始めているのかもしれない〜と考えました。

当然の事ながら、これ以外にもたくさんの意味や気づきを、この短い夢は与えてくれています。日常では流れていってしまう、小さい(脇役的)ながら重要なアイテムを夢は拾い上げて一瞬のシーンを創るのですね。

せっかくの私の夢、楽しみながら大切に扱っていこうと、再度深く思いました。
(文・依浮)
 

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
9/30(日)

13:00〜17:00

 奥沢地区会館第2会議室(東急大井町線九品仏下車3分)

 

10/21(日)

12:30〜17:00

 奥沢地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車3分)

 

11/4(日)

12:30〜17:00

 奥沢地区会館第3会議室(東急大井町線九品仏下車3分) 

 

参加費:3,000円(1回)

 

内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。

 

対象:どなたでも参加できます。
ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリ
テーター)

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから
 

夢語の意味〜駅と寺   〜9月、10月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2018.08.27 Monday
  • 23:22

 



前回のシアターでシェアされたNさんの夢には、とても興味深いアイテムが出て来ました。

詳細は省きますが、駅舎に寺が繋がっていて一体になっているというものです。

駅と寺の一般的意味は下記。

駅:ターニングポイント。新しい旅の始まり。物事をはっきりさせるための休憩所。目標の決定、生活や経験の中で何か新しいものを得ようとする努力。状況の変化。
列車(電車):目的達成のためのエネルギー。人生における社会、集団、他者との関わりを表す。

教会/寺院/神社:宗教的感覚、宗教的信念。神聖でかけがえのないもの。普遍・不変であると感じているもの。道徳的権威。生命、成長、再生、相互依存、死など。避難所。 

面白い事に、駅にも寺にも、休憩所・避難所など共通する点があります。駅が外的休憩所・避難所なら、寺は内的休憩所・避難所と言えるでしょう。

見えないので忘れがちですが、私達には、いつも変わらず、内的な支えがあるのですね。夢はそれを伝えたかったのかもしれません。

シアターでは、夢見者だけでなく、その場の皆に、気づきのギフトがもたらされます。

どうぞ参加して、手に入れて下さい。

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
9/30(日)

13:00〜17:00

 奥沢地区会館第2会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


10/21(日)

12:30〜17:00

 奥沢地区会館第1会議室(東急大井町線九品仏下車3分)

 
参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、 夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。

 

対象:どなたでも参加できます。

 

ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから
 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    ARTemis (10/07)
  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    彩佳 (09/30)
  • NPO法人「にじの絵のぐ」発足記念ワークショップご案内
    ARTemis (09/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM