ケン・ウィルバーの”fundamental”と“significant”を巡って

  • 2019.12.15 Sunday
  • 21:11

こちらは、2019年12月12日配信のメールマガジンに前半を掲載したコラムの全文です。

 

***

 

今回はちょっと趣向を変えて、ケン・ウィルバーの発達段階論における用語解説のようなものを試みたいと思います。

 

メルマガ読者の皆様にはおなじみと思いますが、ケン・ウィルバーはアメリカの思想家であり、私たちが実践しているILP(Integral Life Practice:統合的生活実践)の理論的枠組みを作った人。彼の「意識の発達段階論」は、最近、『ティール組織』という本の中で一般の方にもわかりやすい形で提示され、再び注目を集めました。

 

「意識の発達段階」には、色々な解釈があるかと思いますが、私は「自分にとって世界がどのようなものとして見えるか、体験されるか」というものの見方の段階的な発達、というところに重点を置いて考えることが多いです。ものの見方がより複雑になり、包括的になっていく過程ですね。

 

日本でインテグラル理論、そして『ティール組織』が受容されていく過程で、ある大きな誤解が生まれたのではないかと最近感じることがあります。それは、「高次の発達段階のほうがより“善”である」という考え方。10年以上前の勉強会のノートなどを見ると、その点にも注意を払って紹介されているのですが、広まっていく過程で解釈の単純化が起きてしまったのかもしれません。非常に誤解しやすいポイントなので、ウィルバー自身の著書に立ち戻って考えてみましょう。

 

(「低次」「高次」という言い方にも注意が必要と思うので、それは後で述べます)

 

ウィルバーは「低次」と呼ばれる発達段階はより”fundamental”であり、「高次」と呼ばれる発達段階はより“significant”であると述べています(主著”Sex, Ecology, Spirituality”:日本語版タイトル『進化の構造』)。日本語では前者は「基底性」、後者は「有意性・重要性」と訳されていますが、どういうことを指しているのか訳語を見ただけでは理解が難しいですね。

 

それでは、英語の持つニュアンスを探るために、英英辞典を調べてみましょう。

 

まず“fundamental”について。

私の大好きなコリンズ・コウビルド英語辞典はこのように説明しています。

 

  1. You use fundamental to describe things, activities, and principles that are very important or essential. They affect the basic nature of other things or are the most important element upon which other things depend.

物事・活動・原則が非常に重要で欠くべからざる(essential: most important and basic)なものを説明する時に”fundamental”を用いる。こういう物事・活動・原則は他の物事の基本的な性質に影響を与えたり、他の物事がよって立つ(rely on)最も重要な要素であったりする。

 

2. You use fundamental to describe something which exists at a deep and basic level, and is therefore likely to continue.

「非常に深く、基本的なレベルに存在し、それゆえに継続すると思われるもの」を説明するのに”fundamental”を用いる。

 

3. If one thing is fundamental to another, it is absolutely necessary to it, and the second thing cannot exist, succeed, or be imagined without it.

ある事柄が他にとって”fundamental”という時、後者にとって絶対に必要か、後者は前者なしには存続することができない、うまくいかない、あるいは想像することができない。

 

こういう言葉の意味を踏まえて「“低次の“発達段階がより“fundamental”である」ということはどういうことかと考えると、「早期から存在し、人間の存在にとってより根底的・根幹的であり、後に発現する段階を支えており、それがなければ次の段階が発現しないという意味で重要」と解釈することが可能のように思います。

 

さて、それでは“significant”とはどういう意味でしょうか。


 

続きを読む >>

夢は叶う 12月〜2月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2019.12.12 Thursday
  • 23:07

 

 

観たいと思う絵があった。


4〜5年前、たまたま付けたTVで、画家のノンフィクションをやっていて、何となく惹かれて見続けた。広島の画家だった。この人の絵を生で観たい。微かにそんな思いが灯った。

「四國五郎」という名前が印象的で忘れることはなかったが、観られる場所を必至にサーチするほどには至らなかった。

 

月日が経って、ニュースか何かでその名前を再び目にする。彼の絵の常設ギャラリーが広島の隣三原市オープンしたという。広島に行く機会があったら足をのばして観に行こう。去年になって、広島行きの望みが微かに浮上したが、それも敢え無く流れて消えた。

 

彼の絵が観たいという思いは消えてはいないが、もうご縁が無いのかもしれないと思い始めた今秋、新聞に「四國五郎展東京にて年末まで開催中」を見つける。でもこのところの天候にも左右されて落ち着かない日々が続き、思うように時間が取れない。更に開催地が新宿というのも強い気持ちを削いでいた。
最近人混みが一段と苦手なのだ。何だかんだと、自分の中で諦める方向に気持ちが向かっていく。

 

それが、この日を逃せば年末まではもう無理というギリギリの日、珍しく充実した眠りから目覚めた朝、「今日行こう」と気持ちが動いた。
そうやって、思いは叶ったのである。

 

長い期間、消えそうで消えない思い。深いところに微かにありながら、現実でのプライオリティは高くない願い。それを叶える方向に外側で動いて行く「何か」。自我の決意だけではない、身体をも含めた「わたし」という全体に促され生み出される、思いの実現。

こうやって実現するから、思いは消えなかったのか?
それとも消えない思いがあったから、実現したのか?

 

夢に正夢=予知夢があるように、実現するから夢をみたのか、夢をみたから現実になるのか。確かに、深くひっそりと漂う思いの感覚は、夢みの感覚と似ている。
夢の元が潜む所と、この思いの居場所が、同じ流れにあるような。夢として意識に昇ってくるのは、深く漂う願い・思いの気泡なのか。

 

眠っている時にみる夢と、叶えたい夢=願い・思いは、共に同じ「夢」という言葉を使う。

(文・依浮)
 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:


12/15(日)12:30〜17:00

奥沢地区会館大会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


2020/1/19(日)  12:30〜17:00   

奥沢地区会館大会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


2020/2/16(日) 12:30〜17:00   
奥沢地区会館大会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから
 

ヌミノースの夢  〜12月、1月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2019.11.13 Wednesday
  • 20:22

 

 ヌミノース体験:われわれの自我の力をはるかに超えた圧倒感、抗しがたい魅力、そして近よりがたい畏敬の感情を起こさせるような、ある体験。(河合隼雄著、ユング心理学入門)

 

夢の中にヌミノースの夢というのがある。ヌミノース体験をする夢だ。
非常に印象が強いのでみたら忘れない。私は、今までみたの夢の中で、4~5個位はザッと思い出せる。これを多いと思うか少ないと思うかは、其々だが。基本的には、どなたでもみているだろう。

最近みたヌミノースの夢を、先日シアターで演じてもらった。ヌミノースは体験することに意味があるので内容解釈・分析など不要という説もあるし、即興劇では、超越的なものや人はアクターが演じないという不文律みたいなものさえある。だから迷ったのだが、ヌミノース的な一場面だけでなく、ストーリー性もある夢だったので、演ってもらうことにした。

 

事前に夢を語る時には、アクターには、ヌミノースの夢だとは言ってない。
語りと絵から自由に受け止めてもらいたかったので。

結果は、私の予期したことを遥かに超えていた。夢と夢見者個人におけるあらゆる意味づけを超越した気づきを得たのだ。気づきは、夢のように俯瞰・体感・イメージを伴いながら、それそのものがヌミノース体験だった。

ヌミノース体験を自我が企図することはできない。アスリートがゾーン体験を再現させることが困難なように。だから、再度ヌミノースをシアターで演じてもらっても、あの気づきは得られないだろう。

既に、私の自我意識の中にある再現を欲する気持ちを無にすることはできないからだ。

ただ、このシアターで、ヌミノースは現実世界では扱いきれないという考えを打破して、「ヌミノース体験をシアターで演じることができる」という強い確信をもった。それが何を意味し方向付けるかは今は分からないが、トライする価値はあると思う。

ウーン、こうやってヌミノース体験を言葉で書く位難儀なことはない(汗)。


というわけで、体験・体感であるドリームシアターには興味深いものがいっぱい落ちています。どうぞ、皆さんも拾いに来て下さい。

 (文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ


日時:
12/15(日)

12:30〜17:00

奥沢地区会館大会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


1/19(日)

12:30〜17:00

奥沢地区会館大会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)


*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。


☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから
 

 

多世界と夢 〜11月、12月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2019.10.19 Saturday
  • 21:00

 

 

以前、このテーマでメモを書いた。7月ごろだ。

6月のドリームシアターで、「多次元について語った人の話」が出たこと。

その次の日、宇宙人ものだと思って観ていたネットの連続ドラマが、「もう一つの世界」の話であることが判明したこと。

 

サイエンス雑誌に「マルチバースと多世界」が特集されていたのを思い出したこと。

 

などなどが、メモノートに書かれている。

 

多世界、多次元、パラレルワールド、マルチバースとか、言葉は色々だが、SFなどでは、同じような意味で使われているらしい。

私たちの人生を振り返ってみると、様々な分岐点をあることが分かるだろう。あの時こうしていれば、あそこであの選択をしていれば、などなど、切りなく見つけることができる。

 

でも時間は一方向にしか進まないから、どんなに思っても悔いてもその分岐点に戻ることはできない。

私個人の場合、25年前に我家を建てた時、間取りを決定する直前に大きく変更したあの日がすぐに思い浮かぶ。

何故なら、今の我家は使い勝手が良くなく、当初の間取りにしていればと年中思ってきたからだ。でもあの間取りにしていれば、今の私はいない。そう気づくと、これで良かったとしみじみ思うし、また同時にあの間取りに住んでいる自分はどん

な人生を送っているのかと思い巡らしたりもする。

 

私が属する集団の大きな分岐点といえば、2011年の大震災。あれが無い世界は、どの様に時を進めているのだろうか。

 

個人と集団でザックリと考えるならば、

1.当初の間取りに住む震災に遭遇していない私。

2.当初の間取りに住む震災に遭遇している私。

3.変更した現在の間取りに住む震災に遭遇していない私。

4.変更した現在の間取りに住む震災に遭遇している私。

の4通りの私がいる。4番目が今のここの私だ。

あと三つの私はどうしているのだろうか?

 

人生は一瞬一瞬が分岐点。その多様な分かれ目が、各々違う世界を形成しているとしたら?

・・・ その無限の拡がりにただただ茫然とする。

 

何故今7月のメモを確認したのか?

昨日みた夢。もう一つの世界に入り込んでしまう夢だった。夢の中で違う世界に来てしまったと思った夢。今までも、いつのまにか見知らぬ所にいる夢は何度もみている。というか、夢の中は常に、今現在覚醒しているこの世界とは微妙に違っている。でもそこで私はそれに疑問を感じていない。昨日の夢の中では、はっきりともう一つの別の世界と認識し、元の世界に帰りたいと考えているのだ。

 

夢は、多重構造で果てしなく次々と世界が拡がっていく。以前幾重にも重なった部屋の夢をみて、その多重の感覚を実感した。部屋は床・天井・壁に扉がいくつもあり、どの扉も其々さらに異なった部屋に繋がる。それらの部屋には同じようにいくつも扉がある。目覚めて夢を思いだすと、初めの部屋のシーンを何度も繰り返してみている? この夢に限らず私はよく夢日記に「繰り返し」と書くが、それは同じシーンを何度も通った気がするからだ。しかしよくよく思いだすならば、その繰り返しも決して全く同じでなく微妙に違うことがわかる。夢の世界の瞬間瞬間の分かれ目に帰っているのか。

 

昨日の夢は、このテーマに再度取り組むことを示唆してるのかもしれない。このテーマは凄く興味深いのだが、大きくて複雑過ぎていつもお手上げ状態になる。思考がすっ飛んでしまう感じ、今ここにいる脳と肉体の自分のキャパを超えている感じなのだ。でも、私の中の何かがこのテーマに魅かれて止まない。

 

だから、夢がもう一歩踏み出しのだろう。夢が後押しする時、私はそれに逆らわない、いや逆らえない。夢は私自身なのだから。夢は凡ゆるバースの私自身・・・

 

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

 

日時:

11/3(日)
12:30〜17:00
等々力地区会館小会議室(東急大井町線等々力下車7分)

 

12/15(日)
12:30〜17:00


奥沢地区会館大会議室(東急大井町線九品仏下車3分)

 

参加費:3,000円(1回)

 

内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。

 

対象:どなたでも参加できます。

 

ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

 

*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。

 

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

 

☆その他のお問い合わせはこちらから

 

夢の瞑想 〜10月、11月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2019.09.15 Sunday
  • 22:57


高い所にいる夢を、2回続けてみた。
どちらも高台なのだが、一つは神社の階段を上がりきった開けた所で、下方に小さく家々が見えている。

下に降りようするが、階段は壊れていていて、不安定で狭くなっている。そこを何とか降りて行き、寂れた通りを歩いている夢。
もう一つは、山の上で大きな岩がごろごろしている所で、やはり下方に小さく集落が広がっている。

岩が突然崩れ始め、一緒にいた人が落ちそうになり、慌てて引き上げて逃げる夢。

「高い」の一般的意味

*高いところにいる:広い視野。孤立感、孤独感、安全なところから遠ざかっている感じ。心配。不安感。

*高いところを見上げる:感動、尊敬。上のステップへの挑戦。人生に対する幅広い展望や勇気、つまり精神的な支えを持とうとしていること。
眼下に遠く町や家並が見える夢は、覚えていて気になるものが多い。高いところから下を見れば、落ちそうで怖いし、遠い景色を一望すれば、広い幻想的な空間に感動する。心が大きく動くので印象的なのかもしれない。

2つの夢に漂うのは、下方の遠景に感慨深いものもありながら、集落から離れている淋しさと哀しさ、そしてそこに戻りにくい状況が生み出す不安と怖れ。どれも今私の中で泡立つ気持ちなのだろう。

この夢に限らず、夢を反芻するのは、自分と向き合う時間になる。夢のイメージに浸っていると、波立っていた気持ちは凪いでいき、頭の中の小煩いお喋りは消え、何も審判せず、何も欲せず、ただただ深い空間に在る。

夢が与えてくれる瞑想のひとときだ。(文・依浮)
 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ
日時:
10/20(日)12:30〜17:00

奥沢地区会館大会議室(東急大井町線九品仏下車3分)


11/3(日)12:30〜17:00

等々力地区会館小会議室(東急大井町線等々力下車7分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)


*準備の都合上、必ず前日20時までにお申し込み下さい。


☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから
 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    ARTemis (10/07)
  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    彩佳 (09/30)
  • NPO法人「にじの絵のぐ」発足記念ワークショップご案内
    ARTemis (09/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM