今年の夢の振り返り ~12月〜1月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2017.12.05 Tuesday
  • 19:57



毎年の事ながら、この時期一月からの夢の振り返りをする。決めているわけではないのだけれど、自然そうなる。多くの夢が甦ってきて、気持ちが高まったり大らかになったりする。

私にとっては、楽しい作業の一つ。

まぁ、夢日記をつけていないと出来ないことなのだけれど。

今年、大きな発見があった。全く、繋がっていない夢が、実は同じ事を示唆していることに気づいたのだ。

一つは、2/1の夢。もう一つは、7/20の夢だ。
何故同じと思ったのか?それは殆ど同じ図が描いてあったからだ。さらに確認すると登場人物は同じ人(仮にAさんとする)であった。夢はどうしてもストーリーで追いがちになるので、背景も話しの流れも違うと同じ夢とはなかなか気が付かない。そういう意味で、図や絵は夢を調べる貴重な要素になる。

図に描かれたものは、どちらも「丸くて平たいもの」。一つめの夢では、Aさんは「これはたいせつなもの」と言っている。二つめの夢では、Aさんが鏡らしきところにその図を描こうとしていて上手く立体に表現で出来ず、私が描いてみせている。ただその時点で多分私の考え(意識上の)が入ってしまって、Aさんが描きたかったものとは少し異なってしまったように思える。しかし、基本の図柄は大きくは違わない。

二つめの夢では、ガラスや鏡は「確認」に関わる意味があるので、夢日記をつけた時点で振り返りをして、前年(2016年)の初夢に出てきた「玉」と関連していると記してある。「玉」は今年も大きな意味があることが分かっていて、実は現実でも興味深い「玉」に出会っている。確かに「玉」の流れの中にあるが、この二つの夢の図は、「玉」そのものではない。

この「丸くて平たいもの」は新しい年に繋がる「大切な」鍵なのだろう。そう思うとワクワクしてくる。夢はこれから何を私にみせてくれるのだろうか?

いつものことながら、夢に深く感謝の思いが湧いてくる。ありがとう。

皆さんは、今年どのような夢に出会えましたか?まだ今年は終わってないので、これから重要な夢をみるかもしれませんね。ドリームシアターで、シェアして下さると、とても嬉しいです!!
(文・依浮)

 

 

日時・会場:
12/17 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館美術室(東急大井町線自由が丘下車5分)


 1/28 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館第2研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、 夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

☆お申し込みはこちらからどうぞ!


☆その他のお問い合わせはこちらから

 

「される」と「する」〜11月、12月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2017.11.07 Tuesday
  • 20:10



10月のシアターに顕れたテーマは、「される=受動」と「する=能動」でした。

*Nさんの夢は、タイトル「ふつう」で、夢のアイテムは「宇宙人」と「夢見者」。これは「受け入れられる」宇宙人と「受け入れる」地球人。
*Kさんの夢は、タイトル「迷う」で、夢のアイテムは「選ばれるもの」と「夢見者=選ぶ人」。これはそのままで「選ばれる」と「選ぶ」。
*Sさんの夢は、タイトル「見ちゃった」で、夢のアイテムは「ガラスに映った夢見者」と「夢見者」。これは映った方が「見られる」で、夢見者がそれを「見る」。

「される=受動」の方が無意識的シャドー的自分で、「する=能動」の方が自我的意識的自分となっています。

Nさんの宇宙人の、一般的意味は「未だ外に出てない自分の側面、もしくはシャドー」
Kさんの最後に出てきて選ぶのを迷ったラブラドール。犬の一般的意味は「男性性」と言われます。個人的意味は各個人違うでしょう。犬を怖がる人もいれば、犬が愛情の対象になる人もいますから。
Sさんの「ガラスに映った本人」の一般的意味は、「自分点検。無意識の中の自分を探す」。鏡に映るのも同じです。

NさんとSさんの夢は、基本的な構成は同じ。後は感じ方の違い。

「ふつう」に思うか?「変」と思うか? ただ、気をつけないとならないのは、往々にして夢に出てくる奇妙なものは、夢の中では自分ではないと思っているので、違和感なく受け入れることが多いです。Sさんの夢のように、映った自分自身が「変」なスタイルだと受け入れが難しかもしれません。

夢に顕れるものは、基本的に自分自身です。それが自分という形態をとっていなくても、未だ見ぬ自分であったり、影に押し込めてしまった自分であったりするのです。

夢のワークでは、焦ることなく時間をかけて、「される=受動」自分も「する=能動」自分も変わることのない「自分」だと気づき、「自分」の幅も奥行きも拡がっていきます。                  

 (文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
11/19 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館第8研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)


12/17 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館美術室(東急大井町線自由が丘下車5分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。


対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから

 

間取りと夢 〜10月、11月のドリームシアタートライアルワークショップ

  • 2017.10.10 Tuesday
  • 00:46



「間取りと妄想」(大竹昭子著)という短編小説集を読んだ。

間取り図が好きな私に、家人が「こんな本があるよ」と教えてくれたもの。早速図書館に予約して、大分経ってから手元に来た。

短編一つ一つに間取りが付いていて、それに関わるストーリーになっている。
その最後の短編が「夢に見ました」というタイトルでこれのみ間取りらしき図はない。せっかくの夢なのに、間取りないことは少し残念だったけれど、それなりに夢と間取りの関係が捉えられていて、興味深かった。

私にとっては、夢日記に出てきた家などの間取りを描くのは通常のこと。あの平面図があると、そこから立体空間がイメージできて、夢を体感的に想い出すことが出来る。家などと書いたのは、建物のみでなく庭や辺りの状況など、平面的な図として表すことで、夢を現実的に再現して想い出す。

今年一月からの夢日記を辿ると、12個も間取り図・平面図が出てくる。言葉だけでは再現が難しい夢の世界をイメージ体験で補っているのだ。

私が夢を言葉化するときに、東西南北にかなり拘っているのも、この間取り図・平面図に描くのと関連しているのだろう。

夢自体は、時間も空間もないらしいが、起きて想い出すときには、この現実の時間・空間に置き換えないと、夢を捕まえることができない。そうしなければどこかに流れて行ってしまう。

間取り図・平面図に表すのは、現実とは違う次元の夢(自分)と何とか手を繋ぎたいという肉体を持ったリアルな自分の健気な努力とも言えるかもしれない。

そんな夢日記同様、ドリームシアターも夢(無意識)と繋がる一つの方法です。あなたも楽しみながらもう一つの自分の世界を旅してみませんか?
(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
10/29 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館第2研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)


11/19 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館第8研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)


参加費:3,000円(1回)


内容

五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。
対象:どなたでも参加できます。


ファシリテーター

依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

☆お申し込みはこちらからどうぞ!

☆その他のお問い合わせはこちらから

 

夢語の意味 〜9月、10月、11月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2017.09.08 Friday
  • 00:12

 

前回の続きで、夢語の意味を探ってみます。

夢の中の「乗り物」について。

私の夢で最多は、「駅」も多いので「電車」、次に「バス」、「自転車」「自動車」。

時に「飛行機」「船」もあるかな?「飛行機」は自分が乗っているより、下から見ていることの方が多い。

では、まず「乗り物」全体と、「電車」「バス」の一般的な意味。

乗り物:自分のエネルギー。自己表現・自己操作の自分の様式。運転しているか、乗客かによって自制や自己責任の在り方を示したり、個々の乗り物の形態・大きさなどによっても異なる。

 

列車(電車):目的達成のためのエネルギー。

*列車の旅:人生を旅に見立てている。人は他者との関わりを持ちながら生き、予め自分が決めた目的を持って生きているが、個人の意志が働く予知のない運命に左右される事もある。そのようなときの自己探索の旅。

 

バス:集団との関係。自己表現のための大きな可能性。乗り物はエネルギーの象徴。
*列車やバスは、人生における社会、集団、他者との関わりを表す。

夢辞典は、文化や環境、歴史的位置などによって大きく違う。
だから単純に、西洋で作られた夢辞典を鵜呑みにはできない。

日本では、都市の交通網としては電車(地下鉄を含む)の位置づけは大きいが、地方に行けばやはり自動車が一般的であろう。その様に、自分が育った環境・文化によって夢に出てくる物も変わるので、個人的意味は大切である。

私の場合、移動と言えば、子どもの時から、電車、バス。
自転車は乗れても、子ども時代、移動手段として使う事は少なかった。
自動車は運転できない。
となると、夢の中で、自分の世界を拡げたり、内的核に帰るには、「電車」「バス」を使うことになる。

無意識の世界から立ち顕れる夢を自我意識が受け取るとき、現世で生きてきた文化・環境の影響を受けざるを得ない。

その形でないと起床して思い出すこともできないだろう。

だからこそ、個人的意味を丁寧に探る必要性がある。
共通無意識的な時代や風土に影響されないこの地上で生きる人間としての一般的意味合いも当然あるが、それだけでは、夢のメッセージは受け取れないのだ。

ドリームシアターも、夢日記や夢ワークと同じ、夢と付き合う一つの方法です。
あなたの夢語を、単なる一般的意味合いから個人的意味に拡げる為にも、是非参加して楽しんで下さい。

 

(文・依浮)

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
9/24(日)13:00〜17:00 緑が丘文化会館第5研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)
10/29 (日) 13:00〜17:00 緑が丘文化会館第2研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)
11/19 (日) 13:00〜17:00 緑が丘文化会館第8研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)

 

参加費:3,000円(1回)

 

内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。

 

対象:どなたでも参加できます。

 

ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

☆お申し込みはこちらからどうぞ!


☆その他のお問い合わせはこちらから
 

 

エレベーターと駅 〜9月、10月のドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 00:07



何をお伝えしようか?と考えたとき、今朝夢日記に書いた夢を思いだした。

タイトルをつけるなら「エレベーター」。

そういえば、最近みた夢にもエレベーターが出てきたっけ。

エレベーターが出てくる夢は、意味深いもの多いので、少し気になった。

どちらの夢も、「駅」に関係しているような感じ。

今朝のはチケット売り場(エレベーターに乗るのにチケットが必要)が出てきて、先日の夢では駅のエレベーターが実は電車だった。

夢辞典をまとめると、2つの一般的意味は下記のようになる。

エレベーター:感情や気分の変化、注意が向かう対象の変化。

仕事・社会的地位の上昇・下降、情緒的高揚或いは停滞。
駅:ターニングポイント。新しい旅の始まり。物事をはっきりさせるための休憩所。

目標の決定、生活や経験の中で何か新しいものを得ようとする努力。状況の変化。

ただ、長らく夢と付き合っていると、一般的な夢語の意味だけでなく、自分個人の夢語が表す意味合いが見えてくる。

私にとっての「エレベーター」は無意識もしくは夢と深く繋がろうとする時に出てくることが多い。

駅」はどこかへ行くよりか家に帰ろうとする事がほとんど。

すなわち自分の原点、もしくは安心を求めている時かも。

夢日記を探りながら自分だけの夢辞典ができていくと、今自分がどんな状況にあるのか、より個人的な意味合いから見ていくことが可能になる。

ドリームシアターも夢の奥行きや幅を拡げて、自分と向き合う方法のひとつです。

是非、皆さんも自身のケアの一助に夢を活用してくださいね。

(文・依浮)
 

 

 

☆ドリームシアター・トライアルオープンワークショップ

日時・会場:
9/24(日)

13:00〜17:00 

緑が丘文化会館第5研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)


10/29 (日)

13:00〜17:00

緑が丘文化会館第2研修室(東急大井町線自由が丘下車5分)


参加費:3,000円(1回)


内容:五感・身体など、自分のすべてを使って夢と関わり、夢の歓び、表現の楽しさを実感するワーク。

 

対象:どなたでも参加できます。

 

ファシリテーター:依浮とし子(アートセラピスト、ドリームワークファシリテーター)

☆お申し込みはこちらからどうぞ!


☆その他のお問い合わせはこちらから
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    ARTemis (10/07)
  • 岐阜フラッグアート展に参加!!
    彩佳 (09/30)
  • NPO法人「にじの絵のぐ」発足記念ワークショップご案内
    ARTemis (09/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM